上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
続きです。


「SHIDOOH-士道-」より
この漫画はオリジナルキャラの兄弟が主人公です。彼らの立場は会津よりになります。

まずは桂さん
桂小五郎 s
やはり外のキャラに比べて男前に描かれる桂さん。
史実に近いほうですね。

続いて玄瑞
久坂玄瑞 s
この彼をイケメンと判断するかどうかは人それぞれです。私はいい方だと思いますが。
写真が残っておらず、息子を元に描かれた肖像画しか残ってない人なので、描きやすい人だとは思います。ただかなりの男前だったそうなので、あまり不細工に描くと怖いです。

そして高杉さん
高杉晋作 s1
高杉晋作 s2
この人を一発で高杉さんと分かった人は凄い。
まるで別人です。が、これはこれで格好いいです。
ついでに功山寺決起の場面
高杉晋作 s3


続いて聞多
井上聞多 s
写真とは似ても似つかぬおっさんです…
左に見えるのが主人公の一人ですが、彼にも「ひげおやじ」と言われてます(笑)

伊藤俊輔 高杉さんも写ってますが
高杉&俊輔 s
なぜこの場面にしたかというと、俊輔の言葉が良かったからです。
功山寺決起で負傷した農民出の奇兵隊士を総督自ら見舞う場面です。
(以下俊輔の言葉)
 七村多三郎の亡骸の側で宴は夜通し続いた 
 自軍の優勢におごることなく下々に目をかけ
 心を救い旅立たせる
 高杉晋作は…
 ただ人が好きなのだ…
 オレは
 この人のためなら命をすてよう

 
 
なぜだか分かりませんが、グッと心に響き、涙が出そうになりました。
この漫画の中で、ここが一番好きです。

感動したところでラスト3人
大村益次郎
大村益次郎 a
桂さんの親友にして市ィの師匠、天才軍師。
彼を漫画で見るのは初めてです。
なんとこの大村さんはチャームポイント(?)だったおでこが普通です!

ガタの登場
山県狂介 s
根暗そうな表情しとります(ひど)

そして最後に来島又兵衛
来島又兵衛 s
若者からは来島のじいさん、来島のおやじとよばれる、戦国武将のような人です。
この人が池田屋事件に激怒し、京に進発するゆーて玄瑞や桂さん、高杉さんを困らせたお人です。
来島のじいさん止める為に高杉さんは市ィを連れて脱藩するんです。
最期は蛤御門にて、薩摩の川路利良(初代警視総監)に狙撃され討死。

また長くなってしまいました。
次回で最後です。
良かったら見てやってください。


関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sblog410.blog72.fc2.com/tb.php/92-09bebda2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。