上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レポートが書けない…
来週の月曜提出なのにどうしよう…


再び桂さんの都々逸。

    梅と桜と一時に咲きし 咲きし花中のその苦労
                       
                   桂小五郎 作


これは薩長同盟を読んだもので、梅が長州、桜が薩摩。
一緒に咲くことのない梅と桜を咲かせる、つまり仲の悪い長州と薩摩を結びつけること。
花中は渦中(もめごとなどのただ中)と掛けてあります。
つまり、嫌いな奴と仲良くすることはすごく大変なんじゃ!!めっちゃ苦労したんじゃ!!
と、桂さんは言っているわけです。
ぱっとみれば明るいようにも見えるのですが、実際は愚痴に近いです。ていうか愚痴ですよね。
……暗い、暗いよ桂さん。
でもしょうがないんですよね。この人(というか長州)は凄く薩摩に煮え湯を飲まされてるから。
政変とか禁門とか西郷さんのボイコットとか。


この歌読んでると、何だか桂さんに「俺の苦労に比べればレポートなんてなんぼのもんじゃい!!」
と言われてるような気がします。

…まあ実際にはレポートというより、「東洋史関連の本読んで思ったこと書け」と言われてるんで、感想文みたいなものですが。
何とかがんばって書きたいと思います。


次回は山縣狂介の予定です。



関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sblog410.blog72.fc2.com/tb.php/65-ee69fed7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。