上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゲ○が年内旧作100円セール中なので、『実録新選組』という映画を借りてみました。

以下、感想もどきです。





栄太が出ているので借りてみました。演じている人は曽根秀樹という人です。自分的には栄太のイメージとは違いました。大河ドラマ『新選組!』で栄太を演じた佐藤一平という人の方が自分の栄太イメージにピッタリでした(ごめんなさい曽根さん…)

この『実録新選組』ですが、なんか土方さんがやくざっぽかったです。そして沖田さんがどうも嫌みな人でした。そして近藤さんは芹沢鴨と「近ちゃん」「芹さん」と呼び合う仲です。
……まあ私は新選組ファンではないので、これ以上は語りません。

さて栄太郎ですが
「桂小五郎、久坂、高杉に並ぶ大物」
との評価。
……このシーンを5回くらい見直しました(バカ)
ちなみにこの三人は登場しません。登場しなくても、名前が出るだけで狂喜乱舞します。
でも他の二人は分かりますが、桂さんが登場しないのが不思議でした。新選組関連のものには、栄太よりよっぽど桂さんが出るのですが。

そしていよいよ池田屋事件。
この映画は結構グロいです。普通に首が転がります。
栄太VS沖田。この映画で、二人は池田屋事件の前に一回対峙しています。沖田さんは「あんた、強そうだな(ニヤリ)」と言っています。その言葉通り、この栄太は沖田さん相手に良い勝負していました。
栄太は宝蔵院流槍術、神道無念流を習っていますが、実際どの程度だったのかは分かりません…
やはり、天才沖田総司にはかないません。
さあここから長州藩邸まで逃亡か、と見ていると沖田さんが膝をついている栄太に剣を振り上げたので、ま、まさか……まさかね、と思っていると。






ギャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ!!!



え、え、栄太の……く、く、……・ッ!!!



すみません。
こんな感じでパニックにおちいりました。一気に天国から地獄状態でした。
いくら何でも史実を無視しすぎです。
しばらくショックで行動停止していました。その為、その後はあまり頭に残っておりません。
この映画は池田屋まででした。何か完結編があったのですが、長人が出てこないので借りませんでした。
というわけで、感想はここで終わりです。

興味がある人は鑑賞してみてください。


話はかわりますが、ようやく写真を載せることに成功したので、いまさらですがGWに行った山口・萩旅行レポを書きたいと思います。いつになるかわかりませんが。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sblog410.blog72.fc2.com/tb.php/60-a7832e01
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。