上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大学の売店で、司馬遼太郎の「峠」を立ち読みした時のことです。

「峠」は長岡藩家老・河井継之助が主人公の小説です。彼はどちらかというと戊辰戦争では佐幕派に回ったのですが、なんとなく手にとってぱらぱらと読んでいました。

すると、ある文字が目に飛び込んできました。

吉田稔麿

……一瞬目を疑いました。まさか何も接点もないのに、栄太が出てくくるわけないじゃん。と、自分に言い聞かせてはみたものの、気になってもう一度見てみると、やはりそこには吉田稔麿の名が書かれていました。

登場シーンは僅かでしたが、思わぬ収穫(?)に一気にテンションがあがりました。
どうやら司馬さんが創作したみたいですが、この栄太はかなり喋っていたので感激しました。私が読んできた小説では、栄太は名前は出てくるもののほとんど喋らないのです。

司馬先生ありがとう!
でもできれば「世に棲む日日」に出して喋らせて欲しかった…四天王と。

それでも長州メインではない小説に栄太が出てきて、しかも会話しているということだけでも満足でした。

たまには佐幕派視点の小説も読んでみるのも良いものです。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sblog410.blog72.fc2.com/tb.php/33-03dc4fdb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。