上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週の月曜日、世間でいうバレンタインデーの2月14日。
大学の友人と二人で京都へ遊びに行ってきました。

途中で降り始めた雪の影響で、あんまり廻れませんでしたが楽しかったです。

続きよりグダグダと書いておりますので、読んでくださる方はどうぞ。



朝10時に京都駅で待ち合わせ。
最初の目的地は清水寺。

清水の舞台
清水寺

清水で撮ったのはこの一枚だけです。
2回目だったのでまあいっか、という感じでした。
これ秋に来ると凄くきれいなんでしょうけどね…
周りの木々が枯れてるのでなんか寂しいです。

次の場所へ向かう前にお昼を食べることに。
せっかくなので奮発して鴨ステーキ丼(1,500円也)を食べました。
鴨せいろとどっちにするか悩んだんですけど、腹もちしそうな丼ものに。
いや、やっぱり本場(?)だけあっておいしかったです。

その後ブラブラと歩いていると、「こっちへいくと霊山歴史館だよ」的な看板があり、有無を言わずそちらへ。
意外に複雑であり、行ったり来たりしながらようやく到着。
しかし残念ながら歴史館自体はリニューアル工事のため2月末まで休館。
なんかデジャヴが…(あれだ!東行記念館だ!!)

気を取り直して神社の方へ。
龍馬の墓には目もくれず素通り(ファンの方ごめんなさい!)して一目散に長州エリアへ。

松門四天王
高杉晋作墓所in京都 久坂玄瑞墓所in京都 入江九一墓所in京都 吉田稔麿墓所in京都

みんな久しぶり~!!
去年の5月以来だから約九ヵ月ぶりの再会です!
相変わらず高杉さんの所には花とお酒がいっぱいです。
まあ未だになぜ京都に高杉さんの墓もあるのかが不思議なんですけどね(笑)
今日来て一番嬉しかったのが、九一や忠三郎、来島のじい様の所にもお酒と花が供えてあったこと。
これが一番嬉しかった…
他の3人に比べたら圧倒的に少ないけれど、やっぱり長州ファンとして嬉しいよね。
そういう自分は何も持ってきていないけれど…(次回は持ってきます!)

次に前回は雨のため諦めた頂上の桂さんの所へ。
向かう前に彼に遭遇。

品川弥二郎
ヤジin京都

まあ見て分かるようにお墓ではありません。
けど何でこんな所にヤジが…?しかも先生ってついてるし。
また調べとかなきゃ。

お墓を見渡せるその位置に彼は居ました。

木戸孝允
木戸孝允墓所

亡くなる直前、故郷の萩ではなく京都に骨を埋めてくれといった木戸さん。
その願いどおり、仲間と一緒に京都で眠ってます。
この木戸さんのお墓について、アンチ長州・攘夷派の一部は文句を言います。
なんで一人だけ偉そうに立派な墓を建てるんだ、と。
確かに木戸さんのお墓だけ群を抜いて立派です。
でもそれは木戸さんがお願いしたのではありません。
彼はただ仲間と同じように京都で眠りたいと望んだだけ。立派な墓を建てろなんて一言も言ってないのです。
よく知りもしないで、決め付けるというのはいけないことだと思います。
幕末とか歴史とかだけでなく、何事にも。

…どうも暗い話に持っていってしがちですね。
気をつけます。
何にせよ、桂さんにも会えてよかったです。
今度は夏、長州へ会いに行きます!

護国神社を後にして次へ。

其の二に続く。

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sblog410.blog72.fc2.com/tb.php/301-fe29718b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。