上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日『岩倉使節団の旅 白い崖の国を訪ねて 木戸孝允のみたイギリス』が届きました。
グダグダと長ったらしく書いてはいますが、まだちょろっとめくった程度です。
でもどうしてもツッコミたい所があったので。

つづきからどうぞ。





本書を手に取り、開いて僅か15ページ目。
岩倉使節団の主な団員・大使・副使・書記官らの名前の表がありました。
それを何気なく見ていたらなんとビックリ。

木戸孝允(40)
伊藤博文(43)
 



何がビックリかお分かりでしょうか?
そう、()の中は年齢なのです。

木戸さんが俊輔より3歳も年下ってどういうわけや!!??? 

木戸さんは天保4(1833)年生まれ。対して俊輔は天保12(1841)年生まれ。
木戸さんよりも8歳も年下なわけです。
単なる間違いなのでしょうが、それにしてもなぜこんな間違いが…
出版社の人間は専門家ではないだろうから仕方ないかもしれないが、著者はその道の専門家なんだからこんな間違いはしちゃいかんだろう。
それにしても、見た瞬間は爆笑でした。

そしてもう一つ。
読んだ瞬間本気ではあ!?と声に出てしまった所。
それは本の終盤あたりにある僅か2ページの「木戸孝允の実像」という項目。
以下本文より引用

 木戸は周知のように、幕末に志士として活躍し、ときに大義のためには権謀術策をも辞さなかったと想像される。かれは味方として利用価値がある人間に対しては庇護を惜しまなかったようだが、相手を敵視したときは、陰湿な策を用いてまでも葬ろうとした。(富永博「木戸孝允」)
 幕末から維新期にかけて、実に多くの尊攘派の志士や草莽の臣が非業の死をとげた。
木戸にとって、邪魔者の一人であった高杉晋作は、維新の夜明けを見ずに病死したから問題はなかったとしても、明治四年(1871)一月の参議広沢実臣(1833~71)の暗殺や、前原一誠(1834~76)が同八年の“萩の乱”によって処刑されるにいたったのは、木戸の謀略とのうわさがあり、何かと木戸には疑惑の影がつきまとった。



…まあ最初の方は何も言いません。幕末はそういう時代であったし。ただ一つ文句をつけるなら、権謀術策を巡らしてたのはどっちかっていうと薩摩じゃないのかなあって。
「薩摩の権謀好き 長州の議論好き」って言われるぐらいだし。
後半も置いておきます。
問題はちょうど真ん中あたりの太字です。


木戸にとって、邪魔者の一人であった高杉晋作は、 

どういうことや!!!???(二回目) 

そんなわけないじゃん!!
そんなわけないじゃん!!
そんなこと天地がひっくり返ってもありえない!!
この著者はいったい何を考えてるんだ!!!???

……とりあえず落ち着こう。
いや、落ち着いて考えてもそんなことありえない。
桂さんにとって高杉さんが邪魔者だなんてありえないもの。
そんなこと桂さんが想うはずないもの。
生家だってホントにご近所さんだし、志士時代は高杉さんを筆頭とする村塾生の世話で大変で、尻拭いも沢山したけど、お互い絶大な信頼を寄せてた盟友で、桂さんにとって世話の焼ける後輩で。
だって何より高杉さんが亡くなった時、桂さんは悲嘆にくれてたもの。
明治になって、高杉さんの忘れ形見である一人息子の梅之進(のち東一)の面倒もみてたし。

……わからん。
この本の著者が何を根拠に、何を以てこういう表現をしたのか。
…もしかして“人間的に邪魔”だったのではなくて“政治的に”ってことなのかな?
高杉さんは革命的な人だけど、武士という身分にプライドを持ってた人だから。
そういう所から桂さんにとって邪魔だと考えたのかな…前原さんみたいに対立して反乱を起こすかもって。
でも高杉さんは「自分は役人には向かない」って言ってたし、なにより外国を回ることを夢見てた人だから。
幕長戦争が始まりそうなのに、英国留学しようとしてた人だから。
よく高杉さんが存命してたらっていう議論(?)で、多いのが「外国を廻ってた」っていうのなんですよね。
自分も高杉さんが生きてたらきっと俊輔や聞多を連れて外国巡りしてたと思うんですよね。
桂さんもそのことを知らないはずがない。
だから高杉さんが新政府を運営していく上で、桂さんの邪魔になる、桂さんが邪魔だと思うなんてありえないと思うんですよね……

この本を書かれた宮永孝さんという方は、『高杉晋作の上海報告』という本も書かれてるんですよね。
そういう点から考えても、う~ん……やっぱよくわからん。

グダグダと長く書いてしまいましたが、とりあえず最後に一言。

桂さんが高杉さんを邪魔者だと思うなんてありえない

と、いうのが私的見解(というか願望)です。

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sblog410.blog72.fc2.com/tb.php/281-c93c89c8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。