上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冒頭から熱いです。

今回はかなり落ち着いてます。

冒頭からまさかの功山寺。
油断していたのでビックリ。
そしてさらにビックリなことに、やはり功山寺も一瞬のうちに終わりました。
まあこの辺はしょうがないですよね…ワンシーンだけでも描いてくれただけで嬉しいです。
とにかく剣を抜く高杉さんがカッコいい!!

あいかわらずな操練所の面々。
そこへ不死身の男・池内蔵田登場。
戦いに参加した証である傷を見せて自慢。
もはや男子校のノリです。

その内蔵田が龍馬をある男のもとへ案内する。
もちろんある男とはもちろん高杉さん。
入口の門みたいなところに聞多と俊輔が。
そしてその奥に高杉さんが大将のようにどっかりと座ってました。
やってきた龍馬に
「昨日の鳥かごの話はおもしろかったですよ」となぜか偉そう(笑)
というかイチイチ偉そうでカッコいいんですけど…!!
「幕府の長州攻めに加わろうとしちょる藩は、皆敵です」
「そうたやすくやられはせんよ、僕らは」
うろ覚えなんで8時からの録画したら見直します。

話が終わると三味線担ぎ、聞多と俊輔を引き連れて退散。
こんなとこまで三味線持ってきてるの?とツッコンでしまいました。
刀の紐も赤くてオシャレだし、ホントに風流人ですよね。
帰るときに池内蔵田をポンと叩きねぎらう、あのさりげなさと気遣いがまたカッコいい!!

出番は短かったですが、存在感を残して帰りましたよ。
高杉さんたちが最初に出てきたので、後半はかなりボケっと見てました。

久しぶりの弥太郎。
新居に引っ越して嬉しそうでしたが、家族もついてきて文句垂れてます。
ノリツッコミもおもしろかった(笑)

さて、来週は桂さん大活躍の回。
大活躍、というか苦労する回かな。
がんばれ!!

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sblog410.blog72.fc2.com/tb.php/253-bb52df05
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。