上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
祝!大河ドラマ登場おめでとう!! 


…もうカッコイイの一言です。
てかカッコいいしか言ってません。
とりあえず落ち着こう……

ネタばれですのでご注意ください。



冒頭は明治の弥太郎。お灸で治療をしております。
その治療院には千葉佐那の姿が。
弥太郎が語る「変わった龍馬」
相変わらず文句から始まります。

長崎の異風を感じてはしゃぐ龍馬一行。
龍馬と西郷どんの話は、あの人の登場が待ち遠しくてあんまり記憶にありません。

トーマス・グラバーの登場。
明治維新を裏で操ったとまで言われる人。
蒸気船を貸してくれと頼むが断られ、丸山と言う料亭が集まる場所へ。
どうやら他藩を頼みにするようで、ほかの部屋を盗み聞きする模様。
椿の間には薩摩が。
そして梅の間。


来たああああああっ!!  

あの人です!座って三味線ひいてました!!
第一声は「良かったのう」だった。
高杉さんのほかには3人。俊輔と聞多、もう一人誰?名前が出なかったので分かりませんでした。
その人が高杉さんを「松田」と呼ぶんで、ん?と思っていたら、どうやら変名のようです。
高杉さんの変名に「松田」ってあったっけ?調べてみよう。
津和野藩士だと名乗っていて、島根県だったから嬉しかった。
芸子さんに髪のこと聞かれて「出家したんだ」とか笑いながら答えるのがカッコいい!!
龍馬たちが乱入してきて、刀かまえる3人に一人動じず座ってる高杉さん、カッコいい!! 
長州藩士だとばらし「高杉さんっ!!」と諫める子分(俊輔)に「もういい俊輔」と
言う高杉さん、カッコいい!! 
あ~、呼び捨てで良かった。桂さんのことも「桂さん」とさん付で呼んでたし。
もう全てが理想どおりです……

なにより一番の見どころは薩摩藩士が乱入してくるところ。
一触即発の中、高杉さんは一歩引いたところでだんまり。
西郷どんが出てきて「蛤御門以来~」とか挑発的なことを言い出した時、高杉さんは相変わらず黙ってましたが、あのお顔は確実に怒ってますよ。親友2人(久坂・入江)と来島のじい様を殺した総大将ですから。
黙ってる高杉さんもカッコいい!! 
激突しようとする最中、銃をぶっ放して西郷さんに突き付ける高杉さん、カッコいい!!
西郷どんは「その頭は、奇兵隊を~高杉晋作か」
…え、何。高杉さんは髪型で認識されてるの?(笑)そんなに髪型知れ渡ってるの?
まあ、あんな髪型してるの、高杉さんぐらいだよね。
でもあれ絶対(やべ、そんなに知れ渡ってんの!?恥ずかしい…!!)とか思ってるよ!!(笑)
そんな西郷どんに、片眉をクイッと上げて冷静を装い(だから違う)
「邪魔が入らにゃ、相手をしてったのにな」と、もう一度銃をぶっ放し逃げる高杉さん、カッコいい!!
西郷どんとのやり取りで、玄瑞の名前出さないかな~なんて期待してみたりしましたが、さすがにそれはなかったですね……

いや~もう最高でした。
カッコよすぎて書ききれませんでした。
ここには6回カッコいいと書きましたが、倍以上叫んでますから。
8時からのヤツもう一回見ますね!

次回もご登場のようで嬉しい限りです。
どうやら回天義挙のシーンは来週のようで、これまた楽しみです!!


関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sblog410.blog72.fc2.com/tb.php/250-fe614709
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。