上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.07.16 詩は志なり 22


テスト勉強の息抜きに…と言いながらあんまり勉強してないです。
マジでヤバいです……
そんな中、本を2冊ほど購入しました。
『久坂玄瑞』 武田勘治 マツノ書店
『高杉晋作研究』 一坂太郎 東行記念館
もう1冊欲しいのがあるんですよね。つい最近復刻された『松陰先生と吉田稔麿』。
お金がないので検討中です。


というわけで(?)久々の詩歌です。
大河ドラマ登場前祝いということで、高杉さんの漢詩です。


   題不二石

 誰道天工勝人作
 不知人作勝天工
 萬尋富岳千秋雪
 却在斯翁一掌中



   
   不二石に題す

 誰か道う天工は人作に勝ると
 知らずや人作は天工に勝るを
 萬尋の富岳千秋の雪は
 却って斯翁の一掌中に在り



例の如く調べてないので意味はあんまり分かりません…
でも昔の人って勉強好きな人多いですよね。
何かいろんなものが詩に出てきますもん。
自分も見習って勉強します……

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sblog410.blog72.fc2.com/tb.php/248-497c2505
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。