上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何にもしてないのに疲れるのはなぜでしょうか…

感想です。


長州勢が出ないのでテンション下がり気味に見てました。
が、今日のメインでもあり後に桂さんと親友になる容堂公はしっかり拝見しました。
しかしタイトルに名前使われてる割には出番が少なかった気が…
そしてもう一個言いたいことが。

…だから老け過ぎなんだって

威厳を出すためとか、そんなんだって分かってるんですけど…
容堂公が亡くなったのは40代ですよ。
せめて白髪はやめてほしかったなあ…
タイトルにもあり、龍馬や弥太郎も言っていましたが「怖い(恐ろしいだっけ?)」人ですね。
この人が桂さんと親友になるなんて、なんか想像つきませんよね…

さて、その容堂公と初めて面会した龍馬。
ナレーションで弥太郎も言っておりましたが、はらわたは煮えくりかえってそうですよね。
それに目の前でのあの発言。よく耐えられましたね…
勝さんが龍馬の脱藩を許してくれるよう頼みますが、答えはもちろん「否」。
まあ当たり前ですよね。
脱藩は主君を裏切る行為。切腹もんです。
このシーンを見ると、やっぱり長州は特殊だな~と改めて感じました。
藩主お気に入りとかならともかく、足軽が許されるってかなり特殊だと思うんです。
やっぱ長州っておもしろいですね!

話がそれましたが、今回の武市さん。
そこまで黒いとこはなく、愛妻家の一面が見れましたね。
普段もそうだったらいいのに…

今回の以蔵。
「いつまで人斬りを…(うろ覚え)」
もうこれだけで今回のMVPです…!
尊敬する武市さんに、おそらく勇気を振り絞って言ったであろう本心。
よく言ったと思います。

そして弥太郎。
登場してまたお笑いか…?と期待しましたが、今回はちゃんとした感じでした。
いよいよ商業へと踏み出そうとしてます。
それにしても、弥太郎がお金を貸してくれと言ったとたん、表情が一変した坂本家の人々(笑)
やっぱりお金に関しては厳しいようです。


龍馬が主人公なのにあんまり触れてなくてすいません…
あまりにも他の人が目立つもんで…

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sblog410.blog72.fc2.com/tb.php/201-573ff0c7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。