上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっぱりそうだった。

今回もサラッといきます。

先週の次回予告で焼き討ちみたいなシーンがあったので、もしかしたら…と思っていたところ、今回のオープニングに玄瑞の名前があったので確信しました。
そしたらやっぱりあれは「英国公使館(品川御殿)焼き討ち事件」でした。
そしてこれまた予想通り、ナレーションで済まされてしまいました。
燃え上がる炎に照らされる玄瑞の顔はやはり暑苦しい(笑)
そしてやっぱり高杉さんの姿はない…玄瑞が副将で高杉さんが大将なのになあ…
高杉さんの見せ場いっぱいあるんだから早く登場させてくれればいいのに、と相変わらず理不尽なことばっか考えてます。

さて本題。
今回は龍馬にとって脱藩に次ぐ2つ目のターニングポイント(?)ですね。
今後の人生に大きな影響を与える2人の人物との出会い。
幕末四賢侯の一人・松平春獄、そして勝海舟。
松平公との面会の件は知らないのでどうかわかりませんが、勝さんとの出会いはオリジナルでしたね。
通説では千葉重太郎と勝さんを斬りに行くが話を聞いて弟子になる、というものですが。
武田勝と福山龍馬のやりとり。
きっと福山さんやりくいんだろうな~なんて思いながら見てましたが、なかなか面白かったです。
最初は相手にしてもらえなかった龍馬ですが、勝さんは何が気に入らなかったんでしょうか。
ボーっと見てたんでその辺が分かりません。
最終的に弟子にしてもらえて良かったね。

今週の武市さん。
相変わらず龍馬の名前を聞くたびに動揺してます。
海舟の門弟になった長次郎に向かって「饅頭屋の分際で」と言ってはいけない一言を…。
長次郎も言い返してましたが、あんなに上士と下士という身分差に怒っていた貴方がそれをいっちゃあお終いでしょう。一体どうしちゃったんですか、本当に。
しつこいぐらい言いますけど、毎回見るたびにかわいそうになります…

その頃の弥太郎
今饅頭食ってるだけでした(笑)
あ、ごめんなさい。長次郎が江戸に行くきっかけを作りましたね。
来週はもっと出番があるといいね。

次回は龍馬が容堂公と面会する模様。
武市さんピンチか?
どうなることやら。

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sblog410.blog72.fc2.com/tb.php/199-494c3e17
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。