上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近ある本を読んでいたら、なんか格好いいと思った一文がありました。

その「倒幕」を現実へと導いて行くものは、高杉の勇気と桂の知略、それに留学生井上と伊藤の開明的知識であった。

<犬塚孝明 『密航留学生たちの明治維新 井上馨と幕末藩士』 日本放送出版協会>

とくに「高杉の勇気と桂の知略」ってのがいいですよね。

この本は井上馨にスポットを当てて、幕末の動乱から明治までが書かれています。
聞多に注目して書かれた物は珍しいと思って読んだのですが、なかなかおもしろかったです。

聞多の志士時代は高杉さんたちに負けず劣らず格好いいです。
一番好きなのは、彼が刺客に襲われて重傷を負ったとき、高杉さんが見舞いに来るんです。
そのとき2人が漢詩を読み交わすのですが、そのシーンにはかなりグッときます。
漢詩の方はそのうち紹介したいと思います。

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sblog410.blog72.fc2.com/tb.php/131-892bf186
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。