上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.02.28 コメント返信
一週間ぶりです。
生きてます。
実家のパソコンはマウスがダメで、携帯からの更新になります。

続きからお返事です。
遅くなってすみません。
... 続きを読む
スポンサーサイト
感想もどき。
短いです。



... 続きを読む
2010.02.21 鳴かぬなら…
「鳴かぬなら○○○○○ほととぎす」

あの織田信長や徳川家康が読み、それぞれの性格(?)を
よく表したこの有名な句。
幕末の彼らならどんなふうに詠んだのだろうか…ということで暇つぶしにやってみました。
かなりふざけています。
たんなる戯れなのでどうか真面目に捉えないでください。
バカに突き合ってくださるというお方のみ、続きからどうぞ。

... 続きを読む
2010.02.20 コメント返信
突然ですが、22日の月曜日に島根に帰ることになりました。
本当は3月に入ってから帰る予定だったのですが、いろいろとありまして
早めに帰ることにしました。
更新はいつもどおりします。
ただ実家のパソコン事情によっては携帯から更新する場合もあるので
以前に増して遅くなるかも知れません…

続きからお返事です。
遅くなってごめんなさい


... 続きを読む
大正11年(1922年)2月1日
明治の元勲・山県有朋は84歳の生涯を終えました。
国葬が執り行われましたが、出席者は彼の親しかったものと陸軍関係者のみという
なんとも寂しいものだったそうです。
国民には圧倒的不人気で、「死ぬのもまた社会奉仕」とまで言われてしまった彼。
だけど嫌いじゃないよ(誕生日と命日忘れてたけど…)
ちなみにガタは松陰門下の中で2番目の長生きです。
1番は渡邊高蔵(1843~1939)の97歳。彼は昭和14年まで存命でした。

遅すぎですが、追悼として和歌を紹介します。


... 続きを読む
品川弥二郎が書いたと思われる短冊を手に入れました!
品川弥二郎 短冊 品川弥二郎 短冊2

「ものの夫のたけきこころの赤きこそみず穂のくにの誠なりけり  やじ」

手に入れたとき思わず叫びそうになりましたが、必死に我慢しました。
古文書の勉強をしているおかげか、読める文字があってなんか嬉しかったです。
ヤジは和歌を書いた際に名前を「やじ」というふうに書くのでたぶん彼のものだと思います。
それに偽造するなら木戸さんや西郷さん、俊輔の方がかなり高いのでわざわざヤジのを偽造する
必要はない(ひどい)と思うんですよね…。
…まあ例え偽物であっても安かったので怒りません。古文書を読む勉強にもなるので。
まあレプリカだと思えばいいんですよ!
2回生になったら所属ゼミの先生に見てもらおうと考えています。
こういうとき史学科っていいですよね。

本物か否か。
結果は4月までのお楽しみ。
2010.02.15 閏1月24日
先月の1月24日は吉田栄太郎稔麿の旧暦での誕生日でした。
テスト期間の真っ最中という事もあってすっかり忘れるという、あってはならないことをしてしまいました。
約3週間遅れでありますが、栄太郎の生誕をここに祝します。

栄太は天保12年(1841年)閏1月24日(3月16日)に生まれました。
今年で生誕169年。来年でちょうど170年になります。
ちなみに去年は高杉さんが、そして今年は玄瑞が生誕170年です。
新選組ファンの方には悪いのですが、栄太のことを考える時どうしても
「新選組この野郎!!」と思ってしまいます。ホントすいません…
歴史にもしもはタブーですが、もし池田屋事件がなかったら、もし栄太があの場にいなかったら、
栄太は写真を撮っていたかも知れないのに(そればっか)、政府でその才能を発揮して
歴史の教科書にも名前を残したかも知れないのに…など、こんなことばかりを考えてしまいます。
亡くなったとき数え年で24歳。正確には23歳。私の姉と同い年です。
若いですよね…幕末って本当に若者が国のために命を投げ出したんだなって改めて実感します。
それに比べて今の政治家は…!
金や権力ばっか追っかけてないで、志士見習って国のために命投げ出すぐらいの覚悟もてよ!!
と、思ってしまいます。

話がそれましたが、とにかく栄太が生まれてきてくれた事に感謝したいと思います。(むりやり締めた)
来年は絶対忘れません!!

長州人が出なくなったとたん、一気にテンションが低くなった…が
しっかり見ました。

普段よりも更にひどい感想もどきです。
... 続きを読む
友人のブログを見ていて、とんでもない事に気づきました。

栄太の誕生日とガタの命日をすっかり忘れてた……!!

ファンとしてはあるまじき事です…といっても何もできないのですが。
栄太の誕生日は閏1月24日(旧暦)、ガタの命日は2月1日(新暦)。
あえていいわけをするなら、ちょうどテスト期間だった、ということです。
レポートやドイツ語やらでそれどころではなかったんです…
とりあえず2週間以上遅れでありますが、ちゃんと書きたいと思います。

…これからはこまめにチェックしよう。

続きから返信です。

... 続きを読む
2010.02.11 黒船来航
これまた久々更新。

... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。