上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テストもあと二日、残り二教科です。
まだ乗せたい長州人がいるのですが、人物はどうしても時間がかかるので、テスト中は中々できません。テストが終わっても、5日には妹が襲来し多分パソコンを乗っ取られます。
なのでテスト終了の3日と4日で2人くらい書ければいいなと思っています。

さて、私は10日に妹を連れて島根に帰郷予定でした。しかし、8日に地元の夏祭りがあると知り、バスのチケットを取っていたにも関わらず、取り消して8日に変更してしまいました。
私の地元は小さい町で祭りも大規模ではありませんが、小中学校の同級生と一気(?)に会える楽しみの1つです。




... 続きを読む
スポンサーサイト
久しぶりに2回更新です。
明日のテストは論述で、しかも一教科で準備?もバッチリです。でも単位落とす確立70%以上です。

今回の詩は少し長いです。


... 続きを読む
テストに突入したため、思うように時間がとれませんでした。
今日は二日目で、朝からドイツ語二連ちゃんでした。結果は言うまでもなくドボン

でも一番心配だったドイツ語が終わったので、とりあえず一息つきます。
テスト終了まであと4日。8月3日で終わります。



... 続きを読む
以前言っていた竜馬検定に対抗すべく作った長州検定もどきを乗せてみました。
内容は村塾関連が多いです。もはや村塾検定といってもおかしくはありません。

無駄に力を入れてしまい、100問もできてしまいました…
とりあえず10問です。

バカに付き合っていやるか・・・というお方はやってみてください。





... 続きを読む
黄金伝説で各地の謎グルメをやっていたのでボケェーっと見ていると、山口県周防大島のグルメが紹介されたので、思わず食い入るように見てしまいました。

周防大島といえば、四境戦争で高杉さんや市ィが幕府軍に見事な奇襲をかけた場所です。
もちろん番組内では高杉さんの“た”の字もでてきません。

幕末関連の土地が出てくると過剰に反応してしまい困ります・・・


秋山香乃先生の「晋作 蒼き烈日」が届いたのでテスト期間中にもかかわらず、さっと目を通しました。
古川薫先生の「わが風雲の詩」も届いたのですがまだ読めていないので、こちらはテスト終了後に。


ネタバレあるので、それでもかまわない人はどうぞ




... 続きを読む
大学の売店で、司馬遼太郎の「峠」を立ち読みした時のことです。

「峠」は長岡藩家老・河井継之助が主人公の小説です。彼はどちらかというと戊辰戦争では佐幕派に回ったのですが、なんとなく手にとってぱらぱらと読んでいました。

すると、ある文字が目に飛び込んできました。

吉田稔麿

……一瞬目を疑いました。まさか何も接点もないのに、栄太が出てくくるわけないじゃん。と、自分に言い聞かせてはみたものの、気になってもう一度見てみると、やはりそこには吉田稔麿の名が書かれていました。

登場シーンは僅かでしたが、思わぬ収穫(?)に一気にテンションがあがりました。
どうやら司馬さんが創作したみたいですが、この栄太はかなり喋っていたので感激しました。私が読んできた小説では、栄太は名前は出てくるもののほとんど喋らないのです。

司馬先生ありがとう!
でもできれば「世に棲む日日」に出して喋らせて欲しかった…四天王と。

それでも長州メインではない小説に栄太が出てきて、しかも会話しているということだけでも満足でした。

たまには佐幕派視点の小説も読んでみるのも良いものです。
2009.07.20 山田顕義
オークションで古川薫先生の小説「高杉晋作 わが風雲の詩」と「歴史群像シリーズ 高杉晋作」を落札しました。
どちらも新刊書店では扱っておらず、小説の方にいたっては絶版状態で諦めていたのですが、偶然発見したので飛びつきました。どちらも前々から欲しかったのでかなりテンションがあがってます。
明後日くらいには届くと思うので、また感想を書きたいと思ってます。





... 続きを読む
2009.07.19 7月19日
7月19日
この日は旧暦での禁門の変が起こった日、つまり久坂玄瑞、入江九一の旧暦の命日です。
霊山護国寺にお参りに行きたかったのですが、テストが近いので泣く泣く断念しました…

時に久坂玄瑞24歳、入江九一27歳。まさにこれから、という時でした。
この禁門の変により、長州藩は多くの有望な人材を失い、朝敵の汚名を被りました…
村塾四天王も高杉晋作只一人となってしまいました。

この時晋作は脱藩の罪で入獄していました。この脱藩と入獄が彼の命を救ったといわれています。
秋月香山先生の小説「五稜郭を落とした男」でも、久坂が“奇跡の脱藩”、 “野山獄が高杉を守ってくれる”と言っている場面があります。(あくまで小説ですが)
一部のファンの間では玄瑞が高杉を従軍させないために、手を回して入獄させた、と固く信じられています。
私もそうであった、と信じています。いろんな小説で見る事ができる、彼ら二人の友情は涙ものです…!!
決して小説の中だけの友情ではありません。以前も書きましたが、当時高杉さんは獄中で毎夜夢に玄瑞を夢に見る、彼が死んだと言うが本当なのか、心配でたまらない。という内容の手紙を書いております。

もうこれだけで涙ものです・・・・・・!

高杉さんの夢に現れた玄瑞が何を言ったのか、何で現れたのかは高杉さんと玄瑞だけが知るところです。が、私の想像(願望?)は、後の事を全て背負わせてしまった事、そして先に逝ってしまう事を謝りに来たのではないかと思います。てかそうであってくれ・・・!!

・・・最近、こんな風に四天王や塾生に対する願望(ていうか妄想?)が頻繁に起こってなりません。

病気でしょうか…
2009.07.17 井上馨
2010年の大河ドラマ「竜馬伝」のキャストがまた発表されていました。
今回は以蔵や武市さんでした。

残念ながら長州人はいませんでした…竜馬が主役なので、最低でも玄瑞や桂さんは登場すると思うのですが。できれば高杉さんも出してほしい。

頼むぞNHKよ…!!


... 続きを読む
坂本竜馬幕末検定、というものはあるのになぜ幕末長州検定はないのだろうか・・・

ないなら自分で作ってしまえ、と思い50問ほど作ってみました。それを幕末初心者の友人にやって貰うと、どうやら私がマニアック問題を入れすぎて、初心者には難しいという結果でした。
なのでもう一回チャレンジします。完成したら問題を載せようと思います。

今日は詩歌です
... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。