上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
言ってる傍から今年の目標は達成ならず……
仕事を舐めてました…

本日は年麻呂史料第三回目。
これもいつまで続けられるのか…
今回はあの人が登場。


... 続きを読む
スポンサーサイト
ここ最近、なぜか更新意欲が非常に高いです。
引越しの関係で片付けやら何やら、やることはそこそこあるのに。
この「吉田年麻呂史料より」シリーズが、自分で書いてても楽しいからかも。

…史料読みにくくないでしょうか?
文字を少し大きくしようかとも考えているのですが。
皆さんのご意見を聞かせていただけると喜びます。


さて第二回目。
今のところ主役の手紙が殆ど、というかゼロですが…
どうかもう少しお待ちください。



... 続きを読む
2013年大河ドラマ「八重の桜」、第二話を見逃しました…
再放送も見逃しました…
長州人がまだそんなに登場していないのが唯一の救いです。
松陰先生ごめんなさい。

木戸さんが退場するくらいまでは頑張って見ようと思います。
木戸さん大好き親衛隊が出てくるのかが楽しみです。
出ないだろうけれど、期待してしまうのがファンというもので。

とりあえず目下の楽しみは玄瑞の登場。
……玄瑞が出すなら高杉さんとか栄太も出して欲しいっす。
期待禁物油断大敵の心構えで見ていきたいと思います。



はい、といういことで新シリーズ始めます。
いろんなことやりかけておいて、また新しくやんのか、という声は置いといて。
『吉田年麻呂史料』(編:一坂太郎・道迫真吾 マツノ書店 2012年3月15日)から、何のひねりもない題名の通り史料を紹介していきたいと思います。
昨年マツノ書店さんから330部限定で発売されまして、自分のは第238番です。
卒論を書くのに大変重宝しました。
栄太の貴重な史料が多く掲載されております。
皆さんにもぜひ紹介したいと思います。

とりあえず、1ページ目から順番に行う予定です。
全文載せるのはさすがに無理なので一部省略という形で掲載し、要望があれば全文を載せるという形をとりたいと思っております。
最初のうち、といっても当分のあいだは栄太の往復文書です。

さて、一体いつまで続くか分かりませんが、頑張って続けていきたいと思います。

では記念すべき一回目。
続きからどうぞ。


... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。