上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.11.15 ホントに童顔
昨日人物紹介の写真を載せているとき、改めて思ったのですが

市ィはホントに童顔だわ

市ィのとこにも載せましたが、この写真(クリックで拡大)
山田顕義4

西南戦争司令官集合写真で、左から四番目が市ィです。
ちなみにその右斜め後ろ(左から五番目)が、西郷隆盛の従兄弟、大山巌。
左から六番目にいる目つきの悪い男が鳥尾小弥太(らしい)。
西南戦争は明治10年(1877年)ですから、市ィは当時33歳。

…これが三十路こえた人の顔ですか。
どうみてもおっさん達の中に子供が一人。
背も低いからよけい子供に見えますよね(笑)

そしてこちらの写真
山田顕義1

これは戊辰戦争の時ですから24,5歳ですかね。
服がぶかぶかに見えるのは私だけでしょうか……

それにしても本当に童顔。
これじゃ西郷さんに「よか稚児」って言われるのも仕方ない気が…

恐らく「童顔」と「小さい」は彼にとって禁句ですね。


スポンサーサイト
2009.07.20 山田顕義
オークションで古川薫先生の小説「高杉晋作 わが風雲の詩」と「歴史群像シリーズ 高杉晋作」を落札しました。
どちらも新刊書店では扱っておらず、小説の方にいたっては絶版状態で諦めていたのですが、偶然発見したので飛びつきました。どちらも前々から欲しかったのでかなりテンションがあがってます。
明後日くらいには届くと思うので、また感想を書きたいと思ってます。





... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。